ニキビ跡化粧水ランキング【ニキビ嫌いな人へ】

ニキビや色素沈着、クレーター、赤み、シミなど肌のお悩みは多いですね。

そして、こういった肌の悩みで解決が難しいものほどしっかりと効き目のある化粧水をいざ探すと中々見つからないものだと思います。

さらに偏にニキビに効く化粧水を探すとしてもお近くのドラッグストアでは売られていないことが多いと思います。そこで、今回はそんなお肌の悩みとして深いニキビに対して効果が高いと評判の化粧水を並べてみました。

その前にニキビをおさらい

まずその前にどのようなニキビ状態かもしっかりと把握しておく必要があると思います。自分がどんなニキビや色素沈着またはシミ、クレーターなのかにもよって治り方や治る期間も異なります。まず一般的にニキビの種類を書いていくと、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4種類になります。

それぞれ症状も違いニキビの進行度も違います。白ニキビはニキビとしては初期段階。この状態はまだ症状としては軽い方です。簡単な洗顔や食生活でも治る可能性もあり、これを悪化させていかないことがまず優先すべきことだと思います。そして、この白ニキビの状態であればその状態によっては潰してもニキビに溜まっている膿を出してケアする対処も可能な場合も多くあります。なので、この段階ではそんなにニキビ専用の化粧水は必要ない可能性もあります。ただニキビが1個、2個だけではなくかなり多く顔に出来ている場合で食生活や洗顔をしても治らない場合は、化粧水をつけてニキビ予防をしていく方法も有効的です。次に黒ニキビですが、皮脂が出やすい場合に黒ニキビはできやすいと言われております。

黒ニキビがなぜ黒くなるかを辿るとニキビの皮脂が酸化して黒くなることから出来るのが通例です。黒ニキビを潰したいという人もいると思いますがこの状態はあまり無理に潰してはいけない状態です。毛穴に芯のような形で長細くでているケースが多いため潰しても処理しきれないといった意見も多くあります。ただニキビの状態としてはまだ程度は軽いと考えられており、スキンケアでも充分対処できるとされています。なので、この状態ではコマめなスキンケア。キッチリとニキビ専用で効果が高いと言われている化粧水を使う事を心掛けましょう。

あと赤ニキビの場合は炎症。これはアクネ菌の過剰な増殖が原因と言われています。そして、古い角質と皮脂が刺激しあってできる状態であるということが言われており、潰すのはNG。余計に酷くなります。私も以前したことがあるのですが、見事にニキビ跡、色素沈着が広がり変色してしまいます。なのでこの状態になったらまずは赤ニキビの部分をコットンシートでニキビ専用化粧水を染み込ませて優しく拭いたり、塗ってあげることが大事だと言えます。少しずつ時間をかけたほうが良いです。黄ニキビの場合は膿が化膿してしまった状態。

この状態ではやはりニキビとしての症状としては悪い状態です。潰す事はもちろんダメとされています。この状態であるとしっかりとしたスキンケアはもちろん、睡眠と肌に良い食事をすることが必要です。外から内からの意識が大事です。毎日のスキンケアで化粧品を見直す事も大事でしょう。補足として紫ニキビと呼ばれるニキビがありますが、これは中々治りにくい状態です。

触るとボコッという感触があると言われています。私もこの状態になったことはありませんが、これは炎症がかなり進んだ時になるケースでニキビ跡が一番残りやすいと言われています。なので、通常のスキンケアだけだと時間が掛かると思います。この場合はお医者さんに診てもらうのが最善ですが、自力で少しずつで良いから治したいという人はやはり時間をかけてスキンケアをすることと普段の生活を改善したり、代謝を良くすることをして長い目を見て治していくことになると思います。

ニキビに悪いと言われている成分

ニキビに対してあまり良くない影響があるとされている成分を書き出してみました。代表すべき成分群は・着色料・エタノール・シリコン・鉱物油・香料などこれらがあまり良くないという噂の成分です。

この中では香料に関しては、種類にもよるので一概に言えませんが、それでも何個も香料が入っているような化粧水、美容液は気をつけた方が良いです。化粧品は傾向として”匂い”でごまかすこともできるので、”良い匂い=効果の高い化粧水ではない”のでこの辺はキッチリ区別した方が良いです。

他の成分はニキビに対して刺激をおこしやすい成分として評されているので、なるべくなら避けた方が良いと言えます。

ニキビ化粧水ランキング有名3選

ニキビ化粧水として超有名な化粧水を3選致しました。この3つのニキビ化粧水は不動の人気ですので、どれを選んでも効果は高いと思われる化粧水です。

リプロスキン(言わずとしれたニキビ跡専用導入型化粧水です。この特徴は浸透技術に特化した化粧水ナノB テクノロジー3.0。使用すると刺激がほとんど感じられない素晴らしい化粧品。しかも肌のゴワゴワが柔らかくなるような印象もあります。この感想は多くの人が感じていることで、ニキビ専用の化粧水としては浸透力もしっかりしているので肌の奥までキッチリ行き届いている実感もあります。肌の奥まで行き届くかどうかはほぼ全ての化粧水で裏面表記だけではわからないことです。この辺の特徴を大きく打ち出しているピカイチのリプロスキンは信用度も非常に高い化粧水です。化粧品全般に言えることですが、どんなに良い成分を使用していても肌に浸透しなければ意味なし。はっきり言ってただの水を塗っているのとヘタしたら同じです。なので、この部分はスキンケア全般に言えることなので気をつけてください。)

参考:リプロスキンの効果を高める使い方サイト

ルナメアAC(こちらも言わずもがなのニキビ化粧水で超有名な製品。アクネシューター®と呼ばれる浸透技術で肌の奥までキッチリと浸透させること技術もウリです。富士フィルムのルナメアACは毛穴の詰まりを取り除き、毛穴に直接潤いとニキビ有効成分を与えることが特徴とされている化粧水で、人気は非常に高いです。この化粧水もニキビケアとしての人気は抜群)

ビーグレン(この化粧水も独自の浸透テクノロジーQuSome®と呼ばれる技術で肌の奥底まで成分を擦りこませることに長けた化粧水です。こちらもルナメアAC同様でスキンケア化粧品を一式ラインナップとして揃えています。3500円~8500円くらいのものがズラリと並んでいます。)

上記の3種のニキビ化粧水の特徴

上記のニキビ化粧水は他の化粧品と見比べると大きく違う点で、浸透技術を全て特徴として大きく取り上げています。化粧品の多くは大事なものは成分にこだわりがちですが、実は浸透力です。私個人としては成分の浸透力が一番大事だと化粧品については思っています。もし皆さんもニキビを解消、薄める化粧水としていろんなものをお探ししているならこの浸透技術の高い化粧水を使ってみてください。ニキビケアに関しては良い物はキッチリと肌に溶け込む技術のあるものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です